花咲ガニはタラバガニの一種で、茹でると花が咲いたように紅くなるのが特徴です。 水揚げ(切花が長持ちするように、水切りなどを行うことも水揚げといいますね)されるのは北海道(ウィンタースポーツやアウトドアスポーツにもってこいでしょう)の根室や釧路に限られ、しかも、水産資源保護のために規制されていて漁が行われるのは根室が7月〜9月、釧路が3月〜7月となっています。 花咲ガニの水揚げ量の8割を占めるという名前の根室での漁獲期が短いので、花咲ガニは「幻の蟹」とも呼ばれ、貴重なカニとしても知られているのです。 花咲ガニ(名前の由来には諸説あり、花咲という根室の地名が由来という説もあれね、茹でた時の色の鮮やかさによるという説もあります)の身には独得の風味と甘みがあって、メスの内子(卵巣)はウニのような濃厚な旨みが楽しめます。 それに、カニミソ(実は脳ではありませんし、もちろん味噌でもありません)も内子と同じように濃厚な味ですから、カニミソ好きにはたまらないでしょう。 ただ、花咲ガニ(名前の由来には諸説あり、花咲という根室の地名が由来という説もあれね、茹でた時の色の鮮やかさによるという説もあります)の甲羅はとても硬く、全身に尖ったトゲもありますので、少々食べ辛いのが難点です。 また、身の入りがほとんどない花咲ガニも出回っているため、購入する際には注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)が必要かもしれませんね。 獲れる数が少ないので、おいしい花咲ガニ(独特の味をしているため、たくさん食べられないことも多く、生食では好き嫌いがあるでしょう)を確実に食べたいなら、毎年9月に根室で開催される根室かに祭りに参加するのがオススメです。 もしくは、花咲ガニの漁が行われている期間に、水揚げ(水商売の売上のことも水揚げといいます)されている港周辺で高評価のカニ専門店を探すと良いですよー